fc2ブログ

胃の中の鬼

食いしん坊のことを『胃の中に鬼がいる』と言うそうです。
釣りやガーデニング、DIY・生活・地元関連の記事は【胃の中の鬼の生活】
フリーペーパースマイルに掲載したレシピは【ぺこぺこキッチン】

スキヤキちらし寿司

2007-03-02-Fri-23:49
IMG_2467.jpg

『ちらし寿司の素』を使った簡単なレシピです。
酢飯に、すきやき風味で炒めた牛肉とゴボウを混ぜあわます。
これに青シソを、入れると美味しいです。

実は、大好きな料理の本がありまして。
講談社コミックの、『キッチンの達人』という本です。
これに出てた料理を作って、何年も作ってるウチに我流のレシピになって落ち着いたのとか結構あります。
こちらも、その一つ。

料理の際に、分量をきちんと計ることがないため
書いた分量は本当に目安です;
件のコミックス『キッチンの達人』ではデフォルトの分量が確認できるかと。
絹サヤとか、好きなので入れちゃってます。
プチトマトは、出典元より。
このコミックス読んでから、プチトマトを料理に使うのが増えたなあ。

【スキヤキちらし寿司】
IMG_2478.jpg

【材料】※量は目安です
・ごはん(2合半)
・市販のちらし寿司の素
・ごぼう(1本)
・牛切り落とし(約150g)←スキヤキ用だと尚良し
・絹サヤ(4~5枚)
・シソの葉(1パック)
・プチトマト(5~6個)
・胡麻油(適量)
〔調味料〕↓の順番で入れる
・酒(50CC)
・砂糖(大さじ1と半分)
・しょうゆ(大さじ4)
・みりん(大さじ2)
※お使いのちらし寿司の素にあわせて、調味料はお好みで微調整で。

【作り方】
〔1〕まずご飯をセットして炊いておく。普段やわらかいご飯が好きな人は少々固めに、寿司飯用に。
〔2〕ごぼうを1本ささがきにし、酢水に漬けておく。
IMG_2390.jpg

〔3〕牛肉を細切りにして、胡麻油をしいた鍋で強火で炒める。
IMG_2396.jpg

〔4〕肉全体に焼色がついてきたら、水をざっと切ったゴボウを入れて一緒に炒める。
IMG_2398.jpg

〔5〕全体に油が回ったら、〔調味料〕を順番に加えていく。
IMG_2404.jpg
〔6〕炒めあわさったら、火からおろし冷ます。

〔7〕お野菜の準備。筋をとった絹サヤを沸騰したお湯に適宜塩を入れたもので、さっと湯がく。
IMG_2408.jpg
※絹サヤは細切りにして酢飯にまぜるのと、縦斜め半分に切って飾りに使うのとで分けます。
〔8〕プチトマトを、4等分の櫛切りにして水気をペーパータオルでとっておいておく。
〔9〕シソを、細切りにしておく。
〔10〕炊きあがったご飯に、市販の『ちらし寿司の素』を入れ混ぜる。
IMG_2444.jpg

〔11〕冷ましておいた、牛肉とゴボウを投入。刻んだシソを半量投入して混ぜます。(残りは飾り用です)
IMG_2450.jpg

〔12〕細切りにしておいた、絹サヤも投入してざっと混ぜます。
IMG_2452.jpg


ここまで来たら、できあがりです。
IMG_2475.jpg
器に盛って、プチトマトを散らし乗せます。
飾り用にとっておいた、青シソや絹サヤも。
細く小さく刻んだ海苔(分量外)とか、
あと白ゴマたっぷりふると美味しいです(*´ω`) 。

ランキング参加中です。よかったら押してやってください。
recipe_blog_1.gif

スポンサーサイト



HOME