fc2ブログ

胃の中の鬼

食いしん坊のことを『胃の中に鬼がいる』と言うそうです。
釣りやガーデニング、DIY・生活・地元関連の記事は【胃の中の鬼の生活】
フリーペーパースマイルに掲載したレシピは【ぺこぺこキッチン】

<旬野菜>うずら玉子入りロールキャベツとクリームトマトスープ

2007-03-20-Tue-21:47
IMG62685.jpg

この季節『春キャベツ』が安いので、丸ごと1個使ってロールキャベツを作ってしまいます。
とは言ってもすべてをロールキャベツにするのではなく、小さい葉はむしってロールキャベツと一緒にスープで煮ます。
ロールキャベツにこのスープと、柔らかく煮えた葉を一緒に盛って食したり
IMG_32685.jpg

ポトフみたいな感覚で、ロールキャベツとスープを同時にひとつの鍋で作ってしまうのですね。
あわせてもよし、別々に味わってもよしと。
ロールキャベツを食べたあと葉とスープは残しておいて、後日これに鶏肉を入れてチキンとキャベツのトマトスープに変身させたりなども。
他のメニューに使い回しがきくスープなので重宝します。
もちろん、葉とスープだけで味わうのも美味しいですよ。

今回は、トマトに生クリームと缶詰のクリームコーンを混ぜたクリーミーなスープで煮ます。
春らしく優しい味わいです。

【材料】
《うずら玉子入りロールキャベツ》
・キャベツ(1個)
・牛豚合い挽き肉(1パック)
・うずらの玉子(缶詰でもいいです)
・ヤングコーン
・玉ネギ(1個)
・塩・こしょう・ナツメグ・セージなどお好みのスパイス
・卵
・パン粉
・生クリーム(牛乳でも可)

《クリーミートマトスープ》
・トマト(今回はホールトマト1缶使用してます)
・固形のスープの素
・ワイン
・ウスターソースやとんかつソース(少量)
・生クリーム(1パック程度)
・缶詰のクリームコーン(大きめの缶なら半量、小さいのなら1缶くらい)
・塩・こしょう・オレガノ・エルブドプロバンスなどお好みのスパイス
・砂糖
※トマトの臭みを消すのにセロリの細かく刻んだの(冷凍しておけます)入れると美味しいのですが、今回なかったのでセロリシードを使いました。

【作り方】
〔1〕大きめの鍋に水を半分ほど張ってキャベツを丸ごと入れ、蓋をして7~10分程度蒸し煮します。
〔2〕〔1〕を鍋からあげたら、水切り用のボールに入れておいて作業します。
芯のまわりに包丁を入れて、葉を1枚ずつはがしていきます。
IMG_2685.jpg
(1度ゆでておくと葉がはがしやすいし、後でお肉を巻くのも葉が柔らかいので楽なのですよ)
〔3〕葉に厚い芯があるのは、そぎ切って薄くしておきます。芯は捨てずにみじん切りに。
〔4〕牛豚合い挽き肉に、みじん切りにしたタマネギとキャベツの芯、香辛料をまぜて肉に粘り気が出るまでこねる。
IMG_122685.jpg
スープを薄味にしたてるので肉にもきちんと味をつけます。
〔5〕卵1個を割り入れて、パン粉と生クリームを適量加えさらにこねる。
IMG_112685.jpg

〔6〕〔5〕のタネでヤングコーンとうずらの卵を包むようにし俵型に成形し、キャベツで巻きます。
IMG_102685.jpg

IMG_92685.jpg

IMG_672685.jpg

〔7〕鍋に、ホールトマトを入れ弱火にかける。缶詰のクリームコーンとワインも注ぐ。固形スープの素や調味料、スパイスを適宜入れる。ウスターソースやとんかつソースも少量入れかきまぜながら火にかけて温める。
IMG_82685.jpg

〔8〕トマトがスープに馴染んできたら〔6〕のロールキャベツを、できるだけきっちりと間があかないように詰める。
IMG7_2685.jpg

〔9〕空いたところに、巻くのに使わなかったキャベツの葉を詰める。
IMG_72685.jpg
きっちりと詰めることによって煮込んでる最中にロールキャベツの葉がほどけません。
〔10〕30~40分くらい弱火でコトコトと煮込んだら、生クリームを注ぎいれます。
IMG_62685.jpg

〔11〕15~30分くらい弱火のまま煮込み、塩胡椒で味を調えて完成です。

IMG_2756.jpg


ランキング参加中です。よかったら押してやってください。
recipe_blog_1.gif


レシピブログ『わたしの旬レシピ・3月』

スポンサーサイト



HOME